月花であり続けて

無限の日々をきみと一緒に